FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛ルールとコミュニケーション

恋愛ルールを考慮しないでも何とかなるような場合は、ほとんどが学生に限定されるものです。
ある意味で言えば、接触する部分の恋愛ルールの誤差を修正していく作業が恋愛となるのでしょう。
ブログやサイトから、どんな立場でどんな恋愛ルールがマッチするのか情報収集してみると面白いかもしれません。

恋愛ルールを用意するのが良いとは言え、それにばかり固執していると円滑なコミュニケーションへ支障を来す事があります。
社会人で社内恋愛しているような状況では、もちろん通用しないので積極的に恋愛ルールを考える必要があります。
自分なりに考えた恋愛ルールが周囲への気配りも含めたものなら、それが正しいと思うのは当然の話です。
相手の領域を認め、自分の領域と共存させることが出来れば成功と言えます。
人同士のコミュニケーションの場に、恋愛ルールのようなものは潜在的にあると言えます。
学生ならば同じクラスで恋愛をしていようと、そこまで必死になって恋愛ルールを作る必要はありません。
同じような具合で、たとえば社内恋愛をケースに恋愛ルールを考えるとなると一転して真剣みが欲しくなります。
その差が大きくなると、コミュニケーションを取るのさえ大変です。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。