FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロポーズとは

昔からプロポーズという言葉は存在していますが、昔は、男性は野に咲く花を摘んで、それを花束にして彼女に渡すというならわしがありました。
一般的に、プロポーズという言葉は多用されていますが、実は、確たるものがそこにはありません。
それだけ女性が強くなったのか、はたまた、男性が弱くなったのか、いずれにせよ、プロポーズという慣習は、古くから定着していることは事実です。
つまり、プロポーズというのは、求婚する一方が、その決意を表すもので、それがどんな形であれ、相手が納得するものであれば、特にやり方にはこだわりはありません。
そうしたプロポーズの場合、女性は、花の一輪を彼の胸にさすことで、承諾の意味を込めたのです。
形式ばったものがプロポーズにはないので、その形はまったく自由と言っていいでしょう。

プロポーズと言う形で求婚する側が決意を表明し、それにOKなら合図をもらうというパターンが昔からあったのです。
日本では古くから結納がありますが、アメリカではプロポーズと言う形で、男がエンゲージリングを渡すというのが普通だったのです。
以前は、プロポーズというと、日本の場合、家にとらわれていましたが、現代は、当人同士の問題が大きくクローズアップされています。
女の子がプロポーズに対して、理想を追いかけるのは、いつの時代も変わることはありません。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。