FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事実婚に関する慰謝料

事実婚という関係にある人が、もし別れることとなった場合、果たして慰謝料はとれるものなのでしょう。
周囲が婚姻関係にあると認めている状態こそが、事実婚で、それではじめて、慰謝料が請求できるという状態になります。
慰謝料を請求する場合は、お互いが事実婚関係であることを証明できる何かを提示する必要があります。

事実婚は、その関係性が難しく、籍は入れないで夫婦の状態であることを指していますが、その状態を、互いの親族を認めている必要があります。
また、互いの友人に対しても、事実婚の場合、彼と彼女の関係ではなく、実際に夫婦として紹介している必要があります。
そうすると事実婚と認められ、浮気相手から慰謝料をとることが可能になってきます。
ただ、事実婚の定義というしっかりしたものはないので、周りから夫婦と認識されているかどうかが、世間での判断になります。

事実婚という関係は、定義がないので、自分たちが実際の夫婦であることを周りにアピールして、はじめて成立するというような曖昧さがあります。
慰謝料請求に関して、頭に入れておかなくてはならないのは、同棲と事実婚というのは違うということです。
恋人が一緒に住んでいるだけというのが同棲で、世間から夫婦と認められているという形態が事実婚になります。
相手がもし、事実婚だと認めてなくて、普通の結婚を待っている状態なら、それは正しくは成立していないことになります。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。