FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事実婚とは

法律的保護の見地での事実婚は、ライフスタイル論と婚姻保護論の対立があり、その論議は今でも盛んに行われています。
そして、事実婚である人が離婚する場合は、慰藉料請求権や財産分与請求権などが認められています。
つまり、当事者間の主体的要因が、事実婚では大きく左右するところで、婚姻届を出さずに共同生活を営んでいる状態を世間一般では、そう解釈しています。
また、届出を出すことが難しい状況にあるような人の内縁関係的な状態にも、事実婚という言葉はよく使われます。
法律上での相続には事実婚は、法律婚とは異なるところがありますが、その他の権利や義務はほぼ同じなのです。

事実婚の概念そのものが、色んな意味合いを持っていることから、法的概念としての解釈も実に難解です。
社会慣習上での事実関係があれば、法律上、婚姻として認める場合を普通、事実婚と呼んでいます。
つまり、事実婚でも、普通の婚姻関係と同様、同居、協力、扶助義務というものがあり、生活費の分担義務もあるのです。
そして、純粋な事実婚というのは、日本では中々、判断しづらいのが、本当のところです。
様々な意味が含まれていのが事実婚なので、人によって解釈は違い、実際の判断も難しいところです。

事実婚での夫婦の権利や義務は気になるところですが、これは実際、婚姻届を出した夫婦の関係と同じで、何ら変わるところはありません。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。